農業TOC

余裕は最後に置く

田植えが始まり、地元の田んぼは賑わっています。 山形は今、田植えが真っ盛りです。道路沿いの田んぼに、多くの人が出て、田植えをしています。 「最初が肝心。スタートで遅れるな」です。遅れはドンドン蓄積して、必ず後で大渋滞にな […]

お前がボトルネックだ!

TOCのセミナーを受講した後 TOCのサイコロセミナーを受講した後に必ず流行になる言葉 「ボトルネック」 業務フローを作成するので、業務の中で一番制約している所はどこか?そのボトルネックを解決したら、儲かりますか?サイコ […]

そもそも問題と思っていない!ゆでカエル。

代掻きが始まりましたね 庄内地方もやっと代掻きが始まりました。いつもの農作業風景が見られます。 ニンジン農家の高田君も、毎日動画を更新していて、「農家さんは、土との共存。自然との共存」がリアルに感じられます。 ベジパレッ […]

農業にとってのDMQを減らす。

お客様にとって欲しい時期に、商品を用意する DMQ とは納期遵守評価、納期遅延被害額のことを言います。 この値が大きければ、納期遅れが発生しています。 農家が直接スーパーや消費者を相手に商売を展開するようになるとこの D […]

2019春_TOC学会で農業TOCを発表

昨年に引き続き農業TOCを発表 4月17日に大阪で行われた「TOC学会」で、昨年に引き続き農業TOCの事を発表させて頂きました。1月に鶴岡で行われた「農業TOCサミット」のことを発表させて頂きました。 会場に多くのTOC […]

サミットで行われた事例紹介

農業TOCサミットで行われた事例紹介の紹介します。後ほど、ホームページ内での「事例紹介」でもアップしますが、まずはブログ記事でタイトルとアウトラインだけでもご紹介します。 ●発表者 備前 仁さん その農業機械を導入したら […]

農業TOCサミットが新聞に載りました。

1月16日に、山形県鶴岡市で開催された「農業TOCサミット」が大盛況でした。 地元新聞「荘内日報」に記事になっていましたので、ご紹介します。 【荘内日報より】 鶴岡でサミット 経営管理手法を学ぶ 農業従事者らが集い、もう […]

農業TOCサミットの成功

全国からも参加!満員御礼の熱気むんむんの会場 「今、あなたの中にある農業の概念を壊します!」 とうとう農業TOCサミットがはじまった。 「熱い。熱すぎる。」会場の空調のせいもありますが、熱気むんむん。滋賀、青森 […]

「ばらつき」を受け入れること

通常のビジネスと違って、農業にはリスクカードを引く確率は高い。2倍以上はあるのではないか。

自然災害がある。
天気で仕事の見通しを立てづらい。
害虫が発生する。
気温の変動が激しい。

全体最適の範囲が変わった農業

農作業の一連の作業の中で、ある行程の所がいつも詰まって渋滞を引き起こす行程がありますよね。
そこを「制約資源(ボトルネック)」と呼びます。

この場合、制約資源の前工程の設備投資をしたり、後行程に人を増やしても、
結局 詰まっている制約資源を最適化しないと、他の投資は、全体をスムーズに流すことに、一切影響しません。
TOCの鉄則ルールとして、「部分最適より全体最適」があります。